経営者・労働者から見たキャッシュレス - 先行する米中と日本の課題 -(ニュースレター『みらい』第17号・2018年6月)

三浦 秀樹 生命保険会社勤務

アメリカ・シアトルに無人コンビニ「Amazon GO」がオープンした。レジでの精算はない。
中国では、コンテナ型の無人コンビニが次々とオープン。無人レジがモバイル決済を行う。
キャッシュレス化出遅れ最大の懸念はイノベーションへの乗り遅れ。
キャッシュレス化による手数料の低下、導入コストの削減が導入の大きなモチベーションとなる。

要旨

本文

要旨(英語版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA